婚活成功の決め手にもなる?

ジェームズ・ディーンも学んだ紳士養成スクール体験記

2009.07.16 THU



撮影/山形健司
「婚活」が叫ばれる昨今、女性たちは言います。「周囲に紳士的な男性が足りない!」と。そこで、『NHKスペシャルドラマ・白洲次郎』のマナー監修も手がけるマナー講師の西出博子さんに紳士の何たるかを聞きました。

「紳士の精神とは、『相手の立場に立って思いやる気持ち』です。そもそもマナーとは日本語で礼儀、礼とは思いやり儀は形式の意味ですよね。思いやりを形にするのがマナーですから。立ち居振る舞いや見た目も大事ですが、この精神をもったうえで、紳士の5カ条(下表参照)を実践していくことが大事なんです」

ふむ。(紳士の5カ条を見つつ)では、これを参考にマナー教室に行ってみましょう。

今回訪れたのは、卒業生にジェームズ・ディーンやマリリン・モンローもいるという由緒正しいマナースクール『ジョン・ロバート・パワーズスクール』です。今回受講するオトコ・ビューティー講座(受講生は20~50代が15人。次回は9月)は、「ウォーキング」と、「着こなし術」だそう。これらは、紳士の5カ条の態度と身だしなみに通じますね。それでは挑戦!

まずはウォーキングの授業から。

「背筋を伸ばし、アゴを少し引き、足はかかとからつきます。女性と歩く際は、ちょっと前を歩き、女性側に半身になるようにしましょう」(ウォーキングの新牧講師)

歩くだけなら簡単、と実際に歩いてみるとあれ? 今まで意識してなかったけど、ボクって歩き方、カッコ悪いんですけど。

1時間の歩き方講座に続き、「自分に合う服の選び方」講座です。なんでも色というのは、spring、summer、autumn、winterというカテゴリーに分かれ、人それぞれ似合う傾向があるのだとか。授業の最後には実際に似合うカラーをアドバイスしてもらいました。ちなみにボクはautumnで、同じピンクでも青みがかったローズピンクよりも黄味がかったサーモンピンクが似合うそう。

よ~し、これで紳士と結婚に一歩近づいた!かな?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト