結婚契約書で家庭円満間違いなし?

結婚前に知っておきたい夫婦生活のNG事例集

2009.09.24 THU


浮気がバレて彼女に怒られたって話はよくあるけど、結婚すると怒られるどころじゃ済まないって知ってました!? なにやら不法行為なるものに該当するとか。これって本当?家庭問題を専門に取り扱う弁護士会の家庭法律相談センターにたずねてみた。

「夫婦間ではお互いに貞操を守る義務がありますので、浮気は結婚相手に対する契約違反と考えられます。過去の判例からも、そう判断されています。慰謝料を請求されたり、程度にもよりますが離婚が認められる原因にもなります。また、浮気の相手は不法行為になり、やはり損害賠償を請求されることがあります」(松村真理子弁護士)

ケースによりけりだが、ほかにも夫婦ならではの義務違反に当たる例はあるという。

「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならないと民法752条で規定されています。時代によっても考え方は変化しますし、何が義務違反になるかは一概にはいえませんが、生活費を渡さない、理由もなく別居するなど、事例によって義務違反と判断される場合があります」(同)

夫婦ならではの義務って結構あるんですね。結婚後のトラブルを防ぐため、最近は家事の分担などを結婚前に取り決めて結婚契約書を交わすカップルもいると聞く。こういった契約書って、交わせば法律的な効力は生まれるの?

「夫婦財産契約を婚姻前に登記した場合には効力は生じます。でも生活一般に関する契約はあまり効力はありません。長い結婚生活でその内容のすべてが法律的に有効であり続けるとは限らないからです」(同)

結婚契約書の法律的な効力はほとんどないんですね。でもお互いの結婚生活に対する理想を話しあって記録しておけば、それを見るたびに新婚当初の初々しい気持ちを思い出せる、という効果はあるかも。ただし出かける前には必ずキスするなんて契約書に書いたばかりに、今日はしなかったってケンカにならないよう、ゆめゆめ油断めされるな!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト