自動車保険!ホントのところ

第1回 クルマを買うときの“諸費用”って?

2009.10.30 FRI

自動車保険!ホントのところ

クルマ本体+αのお金 諸費用の中身はなに?



「クルマってお金がかかる…」

近年、若者のクルマ離れが進んでいるそうですが、やっぱり一番の問題はお金なんだとか。でも、漠然とそう思っているだけで、実際いくらあればクルマを購入できるのか、わからない人も多いのでは? 特に車両本体価格にかかる“諸費用”ってのがよくわからない。これってなんなの?

「クルマ本体にかかる税金や、登録費、ディーラーが取る手数料をまとめて諸費用と呼んでいます。さらに税金も、消費税以外に課税される税が3種類もあるんです」(『月刊自家用車』副編集長・清水謙一さん)

3種類の税金って、具体的にどんなものがあるんですか?

「まずクルマを所持するにあたって課税される“自動車税”。これはクルマの排気量に応じて金額が変わってきます。次にクルマを購入することに対し課される“自動車取得税”。こちらはクルマの購入価格により金額が変わります。そしてクルマの重量に応じて税額が変わる“自動車重量税”。購入したクルマの重量が重いほど、税額も増えます」(清水さん)

では、税金以外にかかる諸費用は?

「各種手続きの代行費用などの手数料ですね。ナンバープレートの取得手続きを代行する“検査登録手続代行費用”。車庫証明の取得手続きを代行する“車庫証明手続代行費用”。この2つがそれぞれ1~1万3000円くらい。そしてクルマを購入者に引き渡す準備をする際に発生する“納車費用”が8000円くらいですかね。ほかにはクルマを解体した際のパーツ処分費用としての“リサイクル料金”や、クルマの所有者が必ず加入しなければいけない自賠責保険がありますね」

あらららら、諸費用って予想以上にいろいろな項目があるんですね。それだけあると諸費用もかなりの額になるんじゃないですか。

「車種にもよりますが、例えば200万円の新車を購入した場合、だいたい40万円くらいですかねぇ」

なるほど。でも、以前に見積書を作ってもらったとき、もう少しかかった気がするのですが…。
イラスト/コットンズ クルマを購入するときは、諸費用も念頭に置いてお金を用意しましょう。購入するクルマによっても金額が変わってくるので確認を。
「見積書にはこれら諸経費以外に自動車保険(任意保険)の金額が含まれている場合がありますね。任意の自動車保険は若い人や初めてクルマを購入する人ほど保険料が高くなりやすいもの。もし保険の分がプラスされていたとすれば、さきほどの金額より少し高かったかもしれません。とはいえ任意保険はドライバーの常識。事故が起きてから損するのは自分なので必ず入るようにしてください」

あらら。諸費用に保険料も…。クルマを買うときは、車両本体の値段以外にもお財布と相談しなきゃいけないことがたくさん。少しでも節約する方法を考えないといけませんね。

クルマ購入時の諸費用を安くする方法って?



自動車取得税や重量税など、クルマ購入時に必要となる様々な諸費用。クルマ本体だけでも結構な金額が必要なのに、追い討ちをかけるような痛い出費ですよね。でも、実はこの諸費用を節約するワザがあるんだそうです! 節約テクニックを、『月刊自家用車』の副編集長・清水謙一さんに聞いてみました。

「まずはいま期間限定で実施されているエコカー減税ですね。対象車を購入すれば、自動車取得税と重量税が割引もしくは免除となります。さらに補助金も出ますよ」

なんと! 補助金まで! エコカーがブームになっているのもうなずけます。ほかにもあったりするんですか?

「諸費用のうちディーラーに入るお金があるんです。ナンバープレートと車庫証明の取得の代行費用である、“検査登録手続代行費用”と“車庫証明手続代行費用”。このうち車庫証明は手続きが難しくないので、自分で手続きをすれば登録料の実費だけですむので、約1万円の費用を節約できます。また購入者に引き渡す準備費用としてかかる納車費用も、交渉次第でカットできる可能性があります」

車庫証明は近隣の警察署に少なくとも2回は足を運ぶ必要があるとか。ちょっと面倒だけど、それで1万円ですからね!
諸費用を抑えられるかどうかはディーラーとの交渉が肝心。清水さんによると納車費用のカットは「工場から出荷されたクルマをお客様にお渡しできる状態にする費用も含まれていますので」と断られる可能性があるとか。そこは強気に交渉すべし!
「そしてもうひとつ、節約できる可能性があるのが任意の自動車保険。ディーラーがあらかじめ選んできた保険がすでに諸費用として計上されている場合もあるんですが、必ず入らなければならない自賠責保険と違って、任意の自動車保険は自分で選ぶことができます。自分に必要な補償はなんなのか考えて、自分に合った保険を選ぶと良いと思います。節約という点でいえば、ネットで申し込める通販(ダイレクト)型の保険もおすすめですね」

なるほど、任意の自動車保険も自分で選べば節約できるんですか!クルマを購入するときに、知っていないと損することって、ほかにもいろいろあるのかもしれませんね。
 






  クルマを購入するときの諸費用について
いろいろと勉強しましたが、意外と節約ってできるもんですね!

べらぼうにお金がかかるものだと
思っていたので、少し安心しました。
あ~、早くクルマ買いたい!

でも、どんなクルマを買うのか
まだ考えていませんでした…。

男子として気になるのは
どんなクルマが女子にモテるのか。

次回はそのあたりの調査をしてみたいと思います!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

ブレイクフォト