スタートまであと1カ月弱!

日本の裁判員制度ってアメリカの陪審員制度と何が違うの?

2009.04.23 THU

5月21日にスタートする「裁判員制度」ですが…そもそも、これはアメリカの「陪審員制度」と何が違うのでしょう? 弁護士の四宮啓先生によると、「裁判員制度では、一般選出の裁判員6人と裁判官3人が被告の有罪・無罪と刑罰を決定します。一方、陪審員制度は原則として、有罪か無罪かを争う裁判を開廷し、一般選出の陪審員12人だけで有罪・無罪の判決を下します。ここで有罪判決が出れば、裁判官がその刑罰を決めるのです。いずれの制度も、司法の場において国民自らがその判決を決定するという点は共通していますよ」とのこと。先進国の裁判制度は国民参加型がほとんど。日本の司法制度も、いよいよ世界標準に肩を並べるってことなのですね。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト