会議中に「ふぁぁぁ~…」

眠いときに出るカラダのサイン「あくび」が出る理由とは?

2007.09.06 THU

長~いミーティング中、ふいに出てしまう「あくび」。ヤバッ! 今、上司に大口開けてるところ見られちゃった!!

勤務中のあくびは特に、“寝不足”や“退屈”を象徴しているようで、あんまりいい行為とは思えないですよね。無理にかみ殺しても、消化不良のようなスッキリしない気分になるし…あくびって一体、なんのために出るの?

「あくびは自然な生理現象ですが、“なぜ出るのか?”という科学的な実証はまだされていません。脳の働きが落ちている状態のときに、アゴや呼吸に関係する筋肉を収縮させ脳を覚醒しようと作用するのでは…と考えられます」(医師・作家米山公啓さん)

あくびをするとき、大きく口を開くとアゴの筋肉が伸ばされ、これが脳への刺激になるのだそう。ってことは、よかれと思ってあくびをかみ殺していたけれど、これって脳に全然いいことじゃないんだ!

「眠いときに車を運転していると、何度もあくびが出てしまうことがありますよね。居眠り運転を誘発するように見えるけど、寝かさないように刺激を与えるため、あくびをするんです。それは、体を守るためと考えられます」(同)

だから、会議やお説教中に限ってあくびが出てしまうのね。とはいえ、堂々と大口開けるワケにもいかないって場合は背伸びや軽く手をつねるなど、あくび以外の刺激を与えても、脳はシャッキリするそうですよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト