肌も心も…女性ホルモンが美を作る!? ならば…

女性ホルモンを意図的に増やす方法ってないの?

2007.08.30 THU

先日、鏡を見ていたら、キメの整った肌、ハリのあるバスト、誰もがうらやむボディライン…とは正反対の自分の姿が(涙)。これらはすべて女性ホルモンの働きによるものと聞くけれど、確かエストロゲンとプロゲステロンがあったような…。そもそも、この2つにはどんな作用が?

「女性らしい体を作るのがエストロゲンで、多く分泌されると体毛が薄くなり、乳房が発達し、肌や髪にハリが出て、爪もツヤが出て強くなります。一般に女性ホルモンというとこちらを指しますね。一方のプロゲステロンは、体温を上昇させ、妊娠の維持に不可欠なホルモンで、生理痛や片頭痛を改善するともいわれています」とは多くの著書を持つ精神科医で、女性の体にも詳しいゆうきゆう先生。

ふむふむ、女性ホルモンが美の鍵を握ると。…ならば、日常生活のなかで意図的に増やすことはできないもの??

「恋をしたり好きな人のことを考えたりしてドキドキすると『PEA』という性ホルモンが分泌されるのですが、これは女性ホルモンを刺激するので、肌のハリを良くしたり美しくさせる作用があります。また、感動する映画や風景を見て感性を磨くことも分泌に役立ちます。でも、一番大切なのは、女性らしい気分が盛り上がるファッションやメイクをするなど『自分が女性であることを楽しむ』ということなのかもしれませんね」(同)

恋…か。であれば、まずは好きな人を見つけて胸キュンします

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト