NHK語学番組の外国人出演者に聞きました

実は日本はランチ充実国!?欧米のランチ事情って?

2007.08.23 THU

働く女性のランチタイムは、行列に並んだり、と思えばイタリアンか和食かで悩んだり…。これって日本だけ? そこで世界のランチ事情を調査してみることに。

まずは定番メニューについて。「肉か魚にマッシュポテトか米、もしくは蕎麦の実が添えられたもの」(露・ナターシャさん)、「バゲットサンド。時間があればコース料理。昼抜きの人も多い」(仏・クリステルさん)、「ハムやチーズを挟んだカイザーロールやステーキ。じゃがいもは絶対必要!」(独・ヴィルトルートさん)。イタリア出身のラウラさんの定番はやっぱりパスタ! ランチにかける時間は、各国とも1時間程度。「最近は昼休みが短くなったので帰宅する人は少ない」(ラウラさん)、「子供のころは家族で食べていた」(ヴィルトルートさん)だそうで、ヨーロッパでは昼食に時間をかける、というイメージは過去のことになりつつあるよう。

また、海外の事情に詳しい人事コンサルティング会社、マーサー・ヒューマンリソース・コンサルティングの小原さんは「イギリスは日照時間が短いせいか、公園で食べる人が多いですね。アメリカではランチタイムにジムに行く人も。日本ほどランチの内容は重要視してない印象です」。

お得なランチセットがあったり、世界中の料理が食べられたり“日本のランチはバラエティに富んでいる”というのが、今回取材した方々の共通意見。ランチメニューに頭を悩ませてしまうは、日本のOLの特権なのかも!?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト