首、目もと…年齢を隠せない場所の代表格

もっとも年齢が出やすいパーツ手のアンチエイジング対策

2007.08.23 THU

体の中で一番よく使い、よく見られるパーツといえば手。目もとや首と同じように、年齢が出やすいパーツといわれながらも、特に何のケアもしていない状態に焦りを感じる今日このごろ…。手をいつまでも美しく&みずみずしくキープするケアの仕方ってあるのかしら?

「手はよく使う分、汚れもつきやすいパーツなので、体や顔と同じようにきちんと洗浄し保湿してあげることが重要です。また指の付け根や節などは角質がたまりやすい部分なので、週に1回程度、ゴマージュ効果のあるクリームやジェルなどを使って丁寧に洗浄することをおすすめします。その後は、ハンドケア専用のクリームでしっかりと保湿、マッサージをするとよいでしょう。肩や腕の筋肉をほぐしてからマッサージすると、手の血行もよくなり効果的です」

教えてくれたのは、アイケアやハンドケアを中心にしたエステやケア商品を扱う『タリカ ジャパン』の鈴木さん。今の季節、一番気をつけたいのは日焼けと水のケアなのだそう。

「シミやシワの原因になる日焼けは老化を早めてしまうので、手にも日焼け止めを塗りましょう。また手洗い後などに手が濡れたままだと、水分と一緒に手の水分も蒸発してしまうので、水気をきちんと拭き取ることも大切です」(同)

アンチエイジング対策といえども、毎日の小さな積み重ねが決め手。“美手”道は1日にしてならず!

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト