原因は“脂肪”じゃなくて“内臓下垂”!?

1日3分でぽっこりお腹を撃退!話題の「腸もみ」にトライしました

2007.08.23 THU

この夏、海に出かけたものの、いざ水着になったらお腹の「ぽっこり」に激アセリ!なんて苦い経験をした人も多いのでは? 夏に限らず一年中女性を悩ます、ぽっこりお腹。これがなんと、「腸もみ」をすることで解消できるという噂をキャッチ。それが真実ならぜひ試してみたい! そこで『1日3分腸もみ健康法』の著者、砂沢佚枝さんに聞いてきました。

「上半身は痩せてたり、量はそんなに食べないのにお腹だけぽっこり…という人いますよね。そのほとんどは内臓の下垂が原因。疲れると、臓器って位置が下がるんですよ」(砂沢さん)

なんと、食生活の乱れ・寝不足などで臓器の機能が衰え膨張し、下へ下へと位置がズレ、おへそあたりで腸がぽこっと前に押し出されるのだそう。あの下腹は脂肪だけが原因じゃなかったのね。しかも、臓器の下降で股関節が開き、骨盤が外にズレてしまうというから大変! これを元の位置に正してくれるのが「腸もみ」。一体どんなことをするの?

「おへそ周辺をぐぐっと指で押してみてください。固いしこりのようなものがないですか? それが小腸の詰まり。これをほぐすことでお腹の循環がよくなり、便秘や下痢の改善を促し、内臓の働きを正常にして位置を戻します」(同)

さっそく教わった腸もみ(左を参照※L25本誌では左に図が表示されています。)を、お風呂中や寝る前に1日1回、続けてみたところ…お!? さっそくお通じに変化が。3日目には張っていたお腹も和らいだ感じ。いいぞー♪ この調子で脱・ぽっこり!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト