新・世界七不思議が決定

ところで、“世界の七不思議”は実は「不思議」ではなかった!

2007.08.09 THU

2007年7月7日に“新・世界七不思議”が発表されたってご存じ? これは、スイスの「新・世界七不思議財団」が、歴史的建造物の保護を呼びかけるため企画。建築史家などが選出した21の候補から、インターネットや電話による一般投票で決定された(上表参照※L25本誌では上に表が表示されています。)。清水寺も候補に残ったものの結果は…惜しくも落選。…って、あれ? そもそも清水寺ってどこか不思議なんだっけ? 

「七不思議と訳されてはいますが、実は圧倒されるスケールや素晴らしさを持つ驚異的な建造物というニュアンスが近いんです。紀元前3世紀にフィロンという旅行家が挙げた『七つの見るべき世界の絶景』というものが元祖・世界の七不思議として知られていますが、エジプトのピラミッド以外は現存していないうえ、当時はアメリカ大陸到達前で“世界”といっても範囲が限られているんです」(東北大学准教授・建築史家の五十嵐太郎氏)

で、今回は本当に世界中から選んだと。でも清水寺はなぜ落選? 基準は?

「清水の舞台が崖に張り出した懸造という建築方法である、観光名所として有名、などの理由で候補に挙がったと考えられますが、日本建築は一目では美しさやすごさが伝わりにくいため、写真での投票は不利だったのでは? 結果を見ると、一般投票ということから、観光名所に人気が集中した気がしますね」(同氏)

世界の人々が選んだ七不思議。いつか行ってみたい!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト