『不二家』が最高金賞受賞で話題に

“モンドセレクション”ってどれくらい権威があるの?

2007.07.19 THU


ノスタルジックでちょっと品のあるお菓子のパッケージで見かけた“モンドセレクション受賞”の文字と、豪華なエンブレムマーク。最近は、アルコール飲料や食品に付いていたり、『不二家』のチョコが受賞して何かと話題になっている“モンドセレクション”。

調べてみると、1961年からベルギー王国政府とEC(当時)が共同で開催している世界的に権威のある国際食品品評会で、“食品のオリンピック”や食品の“ノーベル賞”とも呼ばれているスゴい大会らしい。

今年5商品が最高金賞を受賞した『ブールミッシュ』の松沢さんによると、「国際的評価基準を満たした“世界的に認められた味”を定める、権威ある大会です。世界中から4000点以上の応募があり、衛生・味覚・包装・材料などを対象にした審査を経て専門委員が総合評価し、総得点によって各賞が授与されます(下部参照※L25本誌では下に表が表示されています。)」とのこと。

そして気になる2007年の受賞ラインナップを、編集部がリサーチ。菓子部門の最高金・金賞のなかから、セレクトして集めてみました!

並べてみると、コンビニ系からリッチ系まで意外に幅広い顔ぶれ。12年連続金賞受賞の「あいすまんじゅう」をつくる『丸永製菓』の森さんにその秘訣をお聞きすると、「見た目と価格は変わっていませんが、品質を落とさず時代や消費者のニーズに合わせた素材選定や味の開発を繰り返しています」だそう。

陰なる努力もたっぷりつまったモンド(フランス語で“世界”)なお味、おひとついかがですか? 

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト