えッ!! いつのまにか「冷房病」に!?

ひと晩中冷房はNG!この夏、熱帯夜をどう乗り切る?

2007.07.12 THU

さ、寒い…頭が痛い…。風邪? いえ、どうやら違うみたいです。毎年、冷房にあおられる時季になると決まって出る不調の数々。もしかしてこれが俗に言う「冷房病」? 働く女性に多いとは聞くけれど、コレっていったい何? そもそも病気? 体温生理学に詳しいにしなレディースクリニック院長の仁科秀則先生、教えてください!

「実は、冷房病自体は病気ではないんです。温度変化に体が適応できずに体温調節がうまくいかなくなり、それによって自律神経がアンバランスになってしまうという体の状態のことですね。ただ、体温が下がると免疫機能が明らかに落ちて病気への抵抗力がなくなりますし、女性では排卵障害を招くなど、思わぬ余病を併発する可能性はあります」

…でも暑いし。特に寝るときなんかは冷房がないとキツいんですが…。つけっぱなしだとよくないんですかね?

「人の体温は1日のうちで1~2℃の変動があるのですが、冷房をかけたまま寝ていると体温がもっとも下がる明け方4時ごろに寒くなり、風邪の原因になります。また、その後も本来は上がるべき体温が低下したままになってしまうので、体が活動モードに入らずに寝起きが悪くなったりしますよ」とは、眠りコーディネーターの志田美保子さん。

うぅ、耳が痛いわ。ならば、冷房をつけずに快適に寝る方法はないの~…というわけで、教えていただきました(左表参照 ※L25本誌では左に表が表示されています)! 意外と簡単そうなので、この夏、早速実践してみては?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト