もうすぐ参議院議員選挙ですよ! ところで…

参院選にはなぜ“タレント候補”が多いの?

2007.07.12 THU

29日予定の参院選に向け、連日報じられている選挙関連のニュースを見ながら…。

「そういや参院選って毎回芸能人や著名人が、多数出馬してるような…??」

という疑問を持った人も多いはず。そう。確かに参議院のほうが、いわゆる“タレント議員”が多数在籍しており、それにはちゃんと理由があるのだ。

まず大きな理由に挙げられるのが、参院選が採用する『比例代表制(非拘束名簿式)』という選挙方式だろう。各地区の代表として立候補者が競う『選挙区制』とは違い、参院選の比例代表制は日本全国が対象となる。しくみは次のとおり。

有権者は支持する候補者名、または候補者が所属する政党名で投票可能。

開票後は、「政党ごとの得票数」と「政党に属する立候補者」の合計を基に各党の議席数が決められ、さらに候補者の得票数に応じて当選者が決められる。

と、やや複雑な説明となったが、要するに日本全国が選挙区のようなものなので、著名で多数の票を集めやすいタレントのほうが自然と有利、というわけ。ちなみに、衆院選でも比例代表制を取り入れているが、こちらは全国を11のブロックわけするなど、参院選とは状況が異なる。

ほかにも参議院には解散がなく、イレギュラーな予定が発生しにくいため、議員以外の活動と両立がしやすい、などの理由があるが、タレントだから良い、悪い、という安易な判断は禁物。候補者の政策などを見極め、投票に臨もう。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト