そろそろシーズンですが…

結婚式の「友人代表スピーチ」で成功するテクを知りたい!

2007.05.17 THU

みなさん、結婚式での友人代表スピーチって経験あります? これ結構、悩みますよね。笑いをとりつつ場を盛り上げたいけど、失敗して寒い空気になるのはイヤだし、ありきたりな内容でもつまんないし…。上手なスピーチのテクニックって?『友人代表の結婚スピーチ』の著者、梶原しげるさん教えて!

「友人代表の任務は『新婦の良さを参列者にアピールすること』。自分と新婦のエピソードを話すのは、それを具体的に伝える手段です。だから、ウケを狙って暴露話をしたり、自分と新婦の関係を長々と話すのはNG。それよりも、温かい人柄がじんわりと伝わる出来事を話すことが大切です」

確かに。でも、そのエピソードを探すのが難しいんですよね…。

「まず、思いつく限り書き出してみましょう。『2人だけのテニス』『彼女が泣いた日』などと、エピソードにタイトルをつけると内容が整理されますよ。そして、2分前後で終わるように原稿を書きます。時間内に収めるために余計な部分を省いて何度も書き直しているうちに、内容が凝縮されたテンポの良いスピーチになるんです。起承転結にこだわらず、『彼女が突然、泣き出したんです』と、サビから話したり『新婦の指輪を見てください』と、モノを使って注目を集めながら話すのもテクニックのひとつです」(同氏)

なるほど! 堅苦しく考えず、祝う気持ちを素直に表現するのが成功の秘訣なのかも。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト