丸の内再構築プロジェクトとは?

新丸ビルが4月27日にオープン初モノ&新モノをチェックしました!

2007.04.19 THU

丸の内界隈がますますおもしろくなってきた。4月27日、東京駅の目の前・丸ビルの隣に、地上38階建ての「新丸ビル」がオープンする。商業ゾーンは、地下1階~地上7階の8フロア。全153のショップ&レストランのうち、世界初出店が1店、日本初8店、東京初25店、新業態44店…と、初モノ&新モノの多さが特徴のひとつだ。

なかでも唯一、世界初出店となるのは、フランス・ミシュランの三ツ星シェフ、ピエール・ガニェールがプロデュースするデザイナーズカフェ&バー「PG Cafe Paris」。三ツ星シェフの味をカジュアルに味わえるのが最大の魅力。出勤前のコーヒーからランチ、仕事後の一杯まで、シーンや時間を問わずオールマイティに利用できそうだ。

今回の新丸ビルのオープンは、丸ビル(02年)や丸の内オアゾ(04年)、東京ビルTOKIA(05年)と同じ丸の内再構築プロジェクトの一環。98年に始まった第1ステージは「ザ・ペニンシュラ東京」のオープン(※下欄参照 ※L25本誌では本文外下部に詳細が掲載されています。)でひとまず終了し、来年からは第2ステージがスタートする。なんでも美術館や緑あふれる広場が登場するらしい…とか? 

「ハイ、その予定です。丸の内をビジネス中心の街から、商業、文化、芸術と、多彩な街にしていきたいですね」(三菱地所・広報部)

仕事はともかく(!?)毎日の出勤が楽しみになる、そんな街づくりをぜひお願いしまっす。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト