いつの間にかニオってるかも…

オジサンの専売特許じゃない!女性にも「加齢臭」があった!

2007.06.07 THU

まさか!? オジサン臭さの代名詞“加齢臭”が、女性にもあるなんて信じられる? ところがコレ、本当だったのだ。そもそも99年に資生堂の研究チームが、体臭の成分のひとつであるノネナールを世界で初めて検出し、「加齢臭」と名付けたのが始まり。資生堂さん、もっと詳しく教えて~!

「加齢臭の主な原因であるノネナールは、青臭さと脂臭さをあわせたようなニオイで、皮脂に存在する脂肪酸の一種“9―ヘキサデセン酸”が酸化、分解されると発生します。体臭は個人差がありますが、年齢とともに変化し、男女ともに40歳を過ぎたころからノネナールが検出されることがわかっています」(資生堂・広報室)

「私はまだ大丈夫」なんて思っていても、個人差があるので油断は禁物! そこで加齢臭はどうやったら防げるか、今度は繊維の防臭洗剤製品などでおなじみのP&Gさんに直撃した。

「実はノネナールは、皮膚の上だけでなく、皮脂が付いた衣類の上でも生成されます。加齢臭を防ぐには、体を清潔にすることも大事ですが、肌着や肌に直接触れる衣類はマメに洗う、防臭効果のある洗剤類を使う、なども効果的だと思います」(P&G・清潔生活研究所)

また、生活習慣にも気を遣いたい。体を清潔に保つことはもちろん、食生活では脂ものの摂りすぎに注意が必要だ。まだ若いから…と油断しているとイタい目みるかもよ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト