運動が苦手でも大丈夫?

本格シーズン前にトライしたいはじめてのサーフィン!

2007.04.12 THU

サーフィンを語る、すらりとした足のあのモデルやあの女優に触発され、今年こそはサーファーガールになりたい! と、思っているあなたへ。“ボードやウエットスーツは?”“運動オンチでも平気?”など、初歩の段階でくじけてしまわぬよう、サーフスクールを運営する、サーフィン暦30年以上の土佐光行さんがアドバイスをくれました。

「とにかく最初は、道具を借りられるスクールに入ることをおすすめします。その時、ぜひ頭に入れておいてほしいのが、“大きいロングボードで小さい波にのる”ということ。10フィート(約3m)のロングボードなんかは安定感抜群で、大抵の初心者は初日に立てます。そして、ボードの上に立って岸までたどり着く間、日常から解放されるような感覚を味わえるはず。まずは、波の上をすべる気持ちよさを知って、サーフィンを心から楽しんでください。上達の度合いや、技を競い合うのではなく、あくまで、ノーコンペティションでいきましょう」

思えば、私のはじめてサーフィンも、“立てた”ことでグッと面白みが増したもの。心地よい疲労感は、ストレスを発散させてくれるように思います。

「サーフィンを始めるなら、この時分が最適です。夏場からだと、すぐに10月、11月になってしまうので極端に寒さを感じてしまいますから」(同)

もう、これ以上の後押しはないですよね。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト