ちょっと工夫するだけでCO2削減

大好評につき、夏バージョン!夏の「うちエコ」やってみました

2007.06.21 THU

いよいよ夏本番。クールビズを実践する会社も増えてきていますが、これを家庭でもやってみよう、というのがチーム・マイナス6%(環境省)が提唱する夏の「うちエコ」。本誌1月15日号では冬の「うちエコ」体験記を紹介しましたが、好評につき今回は夏バージョンを実践!

「うちエコ」では、冷房の設定温度は28℃が基本。これだけでひと夏16.8kgのCO2削減になるそうですが、まずはエアコンをつけずに涼しくなる方法にチャレンジ。窓を2カ所開けて、部屋の中に風の通り道を作ってみました。目隠し代わりに簾を下げれば、風通しはそのままに直射日光をさえぎることができるし、何より見た目が涼しげ。

服装は、チーム・マイナス6%HP内のコンテンツ「上大岡トメの思い出したらエコ!」を参考にヨガ用キャミ&パンツを。涼しいし汗をかいてもOK

調子にのって、下着は冷蔵庫で冷やしてからオン。食事は体を冷やす効果のあるキュウリやトマトを中心に摂取。読書は水風呂で。…といろいろやってみましたが、何だかちょっと体の具合が…。やりすぎには注意!

今回やってみて思ったのは、夏の「うちエコ」は、五感に訴えかけて涼をとるのがかなり効果的だということ。ミントの香りや風鈴の音色では室温は下がらないけど、涼しい気分にはなれるもの。夏気分を楽しむのが夏の「うちエコ」の第一歩になりそうです。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト