上目遣い、斜め45度座り…

滝川クリステルにみる、「斜め45度座り」に隠された意図

2007.03.01 THU

「45度」という、何の変哲もない角度の持つ意味を知っていますか? 実はこれ、フジテレビ系ニュース番組『ニュースJAPAN』で、キャスターの滝川クリステルさんが机に向かう角度なのです。滝川さんといえば、「アンニュイな表情になぜか癒やされる」「上目遣いがたまらない」など、世の男性から熱烈な支持を集めている女性。では、なぜ彼女は「斜め45度」で座り続けるのか、同番組のプロデューサー・磯部誠二さんに話を伺いました。

「2003年10月、現体制(キャスター・松本方哉&滝川)の始まりにともない、当初、編集長を兼任していた松本が、美術スタッフと検討のうえ、新たなセットのコンセプト(上表参照 ※L25本誌では表が表示されています)とキャスターの座り位置を決めました。滝川の右斜め前には松本が、左斜め前にはカメラがあり、その陣形を図にすると二等辺三角形に。そうすることで、視聴者を番組に参加しているような感覚にさせるのが狙いです。この二等辺三角形に行き着くまでには、分度器を手に、綿密な計算があったようです」

それで、テレビの前に鎮座する男性は、滝川さんとの距離感を勝手に見失ってしまうのですね。では、核心は…。

「松本いわく、『斜め45度』という角度は、名画『モナリザ』を意識したもの。なぜなら、女性が最も美しく見えるの角度だからだそうです」(同)

【拝啓 滝川クリステル様】あなたのその「角度」、私生活で実践してみてもいいですか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト