豪華レジデンスの生活、憧れます…

3月30日六本木にオープン!東京ミッドタウンに住むためには…

2007.03.01 THU

六本木の防衛庁跡地に完成間近の“東京ミッドタウン”。ホテル、住居、商業施設などが集まった大型複合施設で、東京初進出の5つ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」や移転する「サントリー美術館」と話題性も抜群。

それにしても、こんな街に住んだら、いったいどんな生活ができるの?

ミッドタウン内には3つの違ったレジデンス(=住居施設)が。「ザ・パーク・レジデンシィズ・アット・ザ・リッツ・カールトン東京」は、日本初の5つ星ホテル直営。コンシェルジュ、シェフの出張料理など独自のサービスが満載です。また、「東京ミッドタウンレジデンシィズ」は、貸会議室や個室ラウンジを備え、ターゲットは起業家や経営者。私にはムリだけど憧れちゃいますね。どちらもお家賃非公開とのこと。そして、もう一つのレジデンスは?

「サービスアパートメント“オークウッドプレミア東京ミッドタウン”です。1カ月以上から借りられる中長期滞在者向けのレジデンスで、月70万~200万円台。フィットネスセンターや入居者専用ラウンジなど施設も充実しています」(東京ミッドタウン・広報担当者)

しかも、家具付きでハウスキーピングもお願いできちゃいます!

洗練されたレジデンスでセレブな生活…。でも、手が届きそうにないんですけど~(泣)。私は、写真を見ながらミッドタウン暮らしを想像(妄想?)しちゃいますよ。夢見るだけならタダですから!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト