貯金箱+ゲーム「人生銀行」、携帯ゲーム「デジOL」…

疲れたココロをそっとなごませる大人のかわいいデジタルトイ発見!

2007.02.15 THU

忙しい毎日を過ごすL25世代の疲れた心をいやしてくれそうな、大人向けのデジタルトイが最近巷ではプチブーム。

昨年末発売された液晶画面付き貯金箱『人生銀行』は、メーカー予定の2~3倍を売り上げ、現在生産が追いつかない状態。特に20代の女性に人気だというのも納得、開発を担当したタカラトミーの遠藤さんはL25世代の女性。『人生銀行』は遠藤さん自身や周囲の同世代の友人たち共通の“悩み”から誕生したという。

「つらいことを楽しくできるような玩具を、というのが出発点。それで、私たちが日常の中でつらいことって何だろう…と考えたときに、出てきたのが“貯金”だったんです」(遠藤さん) 

最初は3畳1間のアパートに住んでいる液晶の中の住人が貯金額が増えるにつれ、だんだんリッチになっていく。住人がどんな人生を送るかは、貯金額次第。貯金が滞ると住人から催促されることも…。挫折しがちな貯金もこれなら楽しみながら続けられそう! 

ほかにも、『デジOL』は妙にリアルな生態が笑える、OLを観賞する液晶携帯ゲーム。キューブの中のデジタル住人・スティックピープルの様々なアクションを楽しむ『キューブワールド』、デジタルアリの観察ができる『アンツライフスタジオ』は、デザインのよさも魅力で、インテリアとして購入する人も。あなたもデジタルトイで他人の生活のぞいてみませんか?

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト