ブッシュ大統領も持ってたりするのですが…

ビジネス界ではエリートの証し!?「MBA」についてちゃんと説明できる?

2007.02.15 THU

コンサルタント、経営カウンセラーなど、仕事のプロフィールなどでよく見聞きする「MBA取得」の文字。これって何か知ってます?

ズバリ、MBAとは「Master of Business Administration」(経営学修士号)の略で、「ビジネススクール」と呼ばれる経営学の大学院修了者に与えられる学位のこと。MBA取得者はMBAホルダーと呼ばれている。

米国シリコンバレーのコンサルティング会社「Blueshift Global Partners」の社長、渡辺千賀さんによると、「私自身、スタンフォード大学で2年間MBAを学習・取得し、現在はアメリカで働いていますが、実はアメリカは日本以上に学歴社会。ビジネスで信用を得るためのきっかけとして、MBA取得は非常にメリットがあります」とのこと。MBAホルダーは、ビジネスに必要な分析・問題解決などの知識や応用力を持っている人物として認められているのだ。

MBAは日本の専門学校などでも取得できるが、「どの学校でMBAを取得するかによって、将来がまったく変わってきます。ハーバード大学など、世界的に名の知れた学校のMBAなら、転職の選択肢もグローバルに広がりますね」(渡辺さん)

つまり、MBAはその「学位」だけに価値があるのではなく、教授や学友との出会いや交流が財産になるのだ。ビジネスの成否を握るのは、やはり人脈次第ってことか…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト