恋愛の重要な3シーンでの戦略的な椅子とり術!

告白、仲直りに別れ話。あなたは“戦略的”に座れてる?

2007.01.15 MON

20代半ばも過ぎれば、戦略的な恋の駆け引きも覚えたいところ。合コンではどこに座るかが勝負の分かれ目だったりしますが、恋愛の過程の重要なシーンでも、有利にコトを進められる座り方ってあるんでしょうか。

「告白のときは、相手と横並びかテーブルの角を挟んで90度に座るといいでしょう。特に横並びは緊張せず近い距離になれる座り方ですね」と言うのは恋愛心理に詳しい駒沢女子大学の富田たかし教授。

「相手の左右どちら側に座るかがポイント。自分の緊張を悟られないようにしたいなら相手の左側に。逆にあえて緊張をさらけ出して、“いつもと違う私”を演出するなら自分の左顔が相手に見えるよう右側に座ります」(同)

これは右脳とつながっている顔の左側には感情が表れやすいため。クールを装いつつ、相手の表情を読んで告白のタイミングを狙うのか、素の自分を見せて思いを伝えるのかは、戦略次第というわけ。

仲直りのときは「許して!と情に訴えるなら左顔を見せられる相手の右側に。誤解を解きたいなら、対面に座ると話を聞かなくてはならない状況を作れます」(同)。誤解を解いた後は、横に移動して甘えるのを忘れずに! 

また、別れ話は距離をおいて正面に座ると冷静に話をしやすいそう。しかし「別れ話は情に流されないよう会わないでするのが一番」(同)、とのこと。ごもっともです!   

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト