自分の思考タイプを知れば対処法がわかる?

ストレスがないと人間は生きていけないってホント!?

2007.01.15 MON

日々、誰しもが感じるであろうストレス。多少は仕方ないとはいえ、最近嫌なこと続きの私。…気分悪ーっ! とイラつきつつ思ったのが、ストレスなんて必要なくない? ってこと。そこで、東京メディカルケアセンター院長で精神科医の奥田弘美先生に聞くと、

「日常生活で心や体になんらかの変化を起こすすべてのことがストレスなのですが、実は“善玉”と“悪玉”に分けられるんです。前者は良いストレスで、例えばプレゼンなどは適度な緊張感がやる気や向上心をアップさせ、エネルギーを与えてくれます。だから、これがないと人間は成長しないし、生きていくうえで必要なものなんですよ」

とのこと。かといって、ストレス過多は当然問題なわけで…。「人間関係のトラブルといった“悪玉”ストレスを発散できないでいると、うつ病や不眠症の原因になるばかりか糖尿病などの生活習慣病にも関係する」(同)のだとか(怖)!! そうならないためには、『思考パターン』を自覚するのが重要だそう。

「私が認知行動療法をもとに考案したのですが、ストレスをためやすい思考パターンは5つに分けられ、対処法もそれぞれ。例えば、物事を極端に悪い方へと解釈しがちな『大げさ世界沈没型』は、自分はダメと思いこまずに失敗したなかでも得られたことは何か、と考えを改めるのが効果的です」(同)

というわけで、まずは自分のタイプを上記の表でチェキ!! ちなみに、私は2つ当てはまりました…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト