生理中よりその前がツラいんだけど…?

気になる「月経前症候群(PMS)」その定義と改善方法とは?

2007.01.01 MON

集中できずに仕事で凡ミスを連発したり、やたら眠かったり…。生理前ってなぜか不調でつらい…と、秘かに悩んでいる女子の方、多いはず。『月経前症候群(PMS)』というのは聞いたことあるけど、私も…? でも、これって病気なの!? そこで婦人病に詳しく医学博士でもある、にしなレディースクリニック院長・仁科秀則先生に伺うと、

「排卵から次の月経が始まる1~2週間前の黄体期に、不快な心身症状(上記の表を参照 ※L25本誌では表が表示されています)の現れる病気が『月経前症候群(PMS)』。基本的に生理が始まれば症状はすぐ消えます。PMSかどうかを判断するポイントは3つ。〈周期的に症状が現れる〉〈排卵後に症状が現れる〉〈症状が重く、日常生活に影響する〉。特に最後が重要ですね」

まずは基礎体温をつけないとダメなのね…。ところで、そんな症状がやわらぐような自分でできる対処法はないもの? あ、トライしやすい方向でっ!!

「血糖値が下がるとイライラしやすいので、1日の食事量は変えずに回数を増やすとよいでしょう。また、チョコやコーヒー、アルコールなどの嗜好品や運動不足も症状悪化の原因に。簡単な体操を心がけて。心身のリラックスにはハーブがおすすめです。ただ、寝込んでしまうなど社会生活に差し障るほどつらい人は症状に合った薬での治療が必要になります。婦人科を受診し、恥ずかしがらずに相談してくださいね」

食事と運動か。えぇと、ハーブだけで改善…無理ですね、ハイ。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト