ヒラリー、メルケル、韓明淑…何人知ってる?

今年も政治手腕が期待される注目の女性政治家たち

2007.01.01 MON

ここ数年、世界各国で女性政治家の躍進が注目されているのをご存じだろうか。記憶に新しいのは、フランスのセゴレーヌ・ロワイヤル氏。最大野党・社会党から昨年11月26日に大統領選挙の候補者に正式指名され、フランス初の女性大統領誕生、そして12年ぶりの社会党の政権奪回に注目が集まっている。

一方、アメリカを代表する女性政治家といえば、近い将来、同国初の女性大統領と目されるヒラリー・クリントン氏が有名。夫であるビル・クリントン前米大統領に続き、夫婦で大統領ってことになるかも。また、6カ国協議やイラク問題など、ニュース番組ではおなじみのコンドリーザ・ライス国務長官も知名度が高い。アフリカ系アメリカ人の彼女は、黒人初の国務長官として活躍。アメリカ屈指の戦略家であり、オフェンシブ・リアリスト(攻撃的現実主義者)と呼ばれている。

さらに、ドイツには、同国で女性初、また東ドイツ出身初の首相に就任したアンゲラ・メルケル氏がいる。かつて“鉄の女”と呼ばれたサッチャー英元首相と比して“鉄のお嬢”との愛称をもつ。お隣の韓国でも、韓明淑氏が初の女性国務総理として昨年4月に就任したばかりだ。

これまで閣僚(大臣)を務めた日本の女性政治家は24人。欧米諸国と比べても非常に少なく、女性首相はいまだゼロだ。とはいえ、女性政治家が特別視されない時代こそが、男女平等の社会だと思うんだけどね

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト