ダ・ヴィンチ編集部が推薦

女子でも読めるギャグマンガ一気に5冊、読んでみました!

2006.12.15 FRI

女子のマンガといえば基本は恋愛もの。主人公と一緒に胸キュンするのって楽しいですよね。そのなかにも笑えるものはたくさんあるけれど、いわゆる“ギャグマンガ”を読むことって少ないような。ギャグマンガとは、ストーリーでおもしろく見せる“コメディ”とは違って、とにかくギャグなどのお笑い要素が際立っているもの。確かに、少女マンガでそんなのってあまりないよね…。そこで『ダ・ヴィンチ』編集部の宮坂さんに、女子も読めるギャグマンガを教えてもらいました!

「下ネタなどの“一発ギャグ系”や意味不明な突き抜けたギャグを展開する“不条理系”などは、ついていけないかも。女性には、ほのぼの系や、共感できるタイプがいい。『臨死!! 江古田ちゃん』(講談社)はおすすめです」

『臨死!! 江古田ちゃん』は毒舌のフリーター江古田ちゃんが、日常にツッコミを入れまくる、というもの。天然系モテ女にキレていたりして「いるよな~こんな女」と思いつつ、クスッ。

お次は『とりぱん』(講談社)。「東北地方在住の作者による、自然系ギャグマンガ」は、素朴&シュールさが○。

続いては『団地ともお』(小学館)。「団地という共感しやすい設定ながら、たまに視点がぶっとんだギャグが登場」とのこと。読んでみると、確かにぶっとびすぎて、意味不明な描写も…。

とはいえ、女子にも楽しめるギャグマンガは結構あるもの。私も、すっかりハマりました♪

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト