とりま、ウチらも使っとく!?

「パねぇ」「とりま」「デコる」…ティーン誌用語が今スゴい!!

2006.12.01 FRI

「ねぇ、かわいいー」「ウチら、まぢ仲仔だよね」「とりま、プリ帳デコる?」…これらは、最近のティーン誌に出てくる言葉。よくよく見てみると、冒頭の意味不明な言葉や、メールの絵文字までが誌面におどってます。いったいなぜ!? 人気ティーン誌『ラブベリー』編集部の斉藤さんに直撃!

「今の中学生は日常的にこういった言葉を使っているんです。パねぇ=はんぱない、仲仔=仲良し、とりま=とりあえずまぁ、デコる=プリクラ帳やノートなどをデコレーションするという意味。基本は、略語や当て字の変形が多いよう。『電車男』などの影響で“萌え”や“~してまつ”なども使います」

これらの言葉が乱用されているのがメール。母音・や行が小さかったり、文章の間に絵文字が入っていたり…って読めねーよっ!(詳細は上の写真を参照 ※L25本誌では写真が表示されています)はぁ~。こんな子たちが数年後、会社の後輩になるかと思うと…。あっそれから、“ウチらの欲しいモンはコレ!”とか“ウチは恋がしたいッ”とか一人称が“ウチ”なのも気になります。

「友情、青春、思い出といった言葉に弱い彼女たちの、かわいくて、特別感のある一人称として愛用されています」

思えば、私たちの中高生時代も「MK5(マジでキレる5秒前)」などのギャル語が流行ってたよね。自分たちだけの言葉で“ウチら仲間★”と感じるのは、女子ならではの文化なのかも…とはいえ、さすがにちょっと年を感じましたが(汗)。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト