セレブ発で大流行!のスキニージーンズ。でも…

「スキニージーンズ」と「スリムジーンズ」ってどう違うの?

2006.11.01 WED

この秋冬はスキニージーンズが大流行。でもパッと見、以前流行ったスリムジーンズと同じように見えない? 確かめてみると、どうやら違うものらしいんです。「スキニージーンズは脚の付け根から足首まで、肌にぴったりと沿ったラインのジーンズのことです」とはスタイリストの立石和代さん。

「ブームの発端はケイト・モスがスキニージーンズを愛用したことから始まったといわれています。7、8年前に流行ったスリムタイプはふくらはぎから足首にかけてゆとりがありましたが、今年流行のスキニーはその名の通り肌(スキン)にぴったり沿ったライン。足首ジャストの短め丈、靴にややかぶさる普通丈、そして長め丈の3種類あるのも特徴。長めのタイプを足首でくしゅくしゅにしてはくと今年っぽいですよね」

下半身デブで脚の短い私なんかにはかなり勇気のいるスタイルですが…。「チュニックなどの丈の長いトップスに合わせてみては? ヒールの高い靴はマスト。ブーツインすれば脚長効果も期待できます。ストレッチタイプで濃い目の色なら挑戦しやすいはず」

ちなみにジーンズ以外にも、スキニーボトムといわれるのが“レギンス”。脚にぴったりと密着したレッグウェアで、スパッツといえばピンとくる人も多いのでは? こちらは流行とともに名称が変化したそう。ファッションってスタイルも用語も本当に変化がめまぐるしい!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト