セレブ出産や自宅出産が話題だけど…

出産にかかる費用っていくら?行政の補助とかってあるの?

2006.11.01 WED

皇室に41年ぶりの親王誕生で、にわか出産ブームに沸く日本。“セレブ出産”

“自宅出産”なんて言葉もよく耳にするけれど、そもそも出産ってどれくらいお金がかかるの? 「できちゃった」なんて事態のためにも、ぜひ知りたい!

WEBサイト「All About」で出産・子育てに関するガイド記事も手がけるファイナンシャルプランナー・豊田眞弓さんによると「一般的に、正常分娩で出産、退院までの費用は30~40万円。出産前の健診費や各種検査、病院に通う交通費などで5~10万円。マタニティ用品やベビー用品も含めると平均60~70万円かかります」。

予期せぬ妊娠だった場合には困っちゃう金額だなぁ…。

「でも出産育児一時金というものがあります。国民健康保険、社会保険、共済保険の加入者、もしくは加入者の被扶養者が妊娠した場合に一律で支払われる助成金で、06年10月から35万円に増額。しかも直接病院に払い込んでもらうこともできるんですよ」

これなら、分娩に必要な最低限の費用はとりあえず大丈夫ですね!

「さらに、仕事を続ける会社員や公務員には、産休中のお給料代わりの出産手当金もあります。ほかにも独自の助成制度がある自治体もありますよ」

ちなみに紀子さまが悠仁親王を出産した愛育病院では「50~100万円の予算が必要」(豊田氏)だとか。憧れのセレブ出産には、ある程度の貯金が必須なのは言うまでもない!?

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト