あの『ブリジット・ジョーンズの日記』も!?

映倫管理委員会にR指定の審査基準を聞いた!

2007.10.11 THU

この連休、レンタルビデオ店でふと考えた。そういや、映画のR指定にはどんな基準が? 「性、暴力、残酷、麻薬などの項目において、いくつかの具体的な表現や描写を挙げた、映倫維持委員会作成の映画倫理規程にのっとって決めています。映画館で上映される作品が対象で、8名いる審査員のうち、通常ふたりで審査。問題のシーンに至るストーリー展開が不自然でないか、それらを讃美する内容でないかも重要なポイントです。また、差別用語や模倣を誘いかねない青少年自身の行動描写にも留意しています」(映倫事務局長・児玉清俊氏)。一部では「表現の自由」に関する論争があるものの、未成年者への配慮はやはり大事なんだろう。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト