かかる時間はたった0.5秒!?

ひと目ボレされやすいのはどんなタイプの人?

2007.10.25 THU

「ひと目ボレに必要なのは0.5秒」。先日、そんなニュースを目にした。記事によると、アメリカの心理学者による実験の結果、他人の顔を“魅力的”と判断するのに、0.5秒しかかからないことがわかったのだそうだ。ちょっと即断しすぎじゃね?

「他者の顔の魅力を0.5秒で判断する、つまり脳で視覚情報処理することは十分可能です」とは目白大学教授で、対人場面における非言語コミュニケーションの機能と役割を研究する渋谷昌三先生。先生によると『自分と共通点が多い』『過去の恋愛経験から学んだタイプ』『親と似ている』など、恋が芽生えるための判断基準は様々。ただ、この一瞬の判断は無意識の作業なので、単に判断基準を満たすだけでは記憶に残らない可能性も。まずは強く印象づける必要があるのだそうだ。

先生!『ひと目ボレ』される秘策があれば、ぜひご教授願いたいのですが…。

「個性的であることですね。どこか異質でハッとさせられる部分があると、強く印象に残りますし、結果、情熱的に愛される可能性も高いですよ」(同)

つまり最初の0.5秒で個性を発揮すればモテ人生の道が開けるんですね!

「いえ、個性派は一部の人には深く愛されますが、相手を限定する。恋愛はある意味で確率の問題なので、万人ウケする正統派の方が、チャンスは多いんです」(同)

ひと目ボレ=モテ、ではないということか。しかし、一度はされてみたい…。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト