臓器移植法施行10周年を機に考える…

臓器移植とは何なのか?私たちが知っておきたい基礎知識

2007.11.01 THU

1997年10月16日に「臓器移植法」が施行されてから10年。「日本臓器移植ネットワーク」広報・普及啓発部長の雁瀬美佐さんによれば「臓器移植法によって脳死での臓器提供が可能になりました。心臓が停止した死後は腎臓や膵臓、脳死下では心臓、肝臓、肺、膵臓、腎臓、小腸などの提供ができます」とのこと。「臓器を提供する・しないも、提供を受ける・受けないも、各個人の権利として尊重されます。ただ、心臓が停止した死後の臓器提供は家族の承諾のみで可能ですが、脳死下での提供は本人の書面による意思表示が必須なんです」(同)。10周年のこの時期、臓器移植についてマジメに考えてみませんか。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト