もしも恋人がいなかったら…

12月24日までに恋人を作る戦略的な時間の使い方とは?

2007.11.08 THU

気がつけばクリスマスまであと1カ月半。いまだ恋人がいない人は(私も含めて)、いつもより「彼氏ほしい」って気持ちが高まりますよね。でも…、クリスマスを恋人と迎えるには、残りの日数をどうやって過ごせばいいの? そこで、駒沢女子大学教授で『恋愛の成功法則』などの著書を持つ、心理学者・富田隆さんに聞いてみました!

「24日直前に知り合っても、特別な日を二人で過ごすほど、急速に距離を縮めるのは難しいですよね。理想は、11月末までに知り合い、デートを重ねて12月18日くらいまでにクリスマスの約束をするという流れでしょう(左表参照※L25本誌では左に表が表示されています。)」

11月は“出会い強化月間”か。でも、出会いって少ないんですよね…。

「週末に合コンへ行くことも重要ですが、職場でも出会いは十分ありえます。仕事中は、相手を異性として見ないよう、無意識に抑制が働いているので、スポーツ大会や部署だけで少し早めの忘年会をするなど、職場を離れて会う機会を作ってみると、恋愛感情が生まれるきっかけになりますよ。また、人が少なくなった残業中に、デスクを離れて夜食を食べながら私的な会話をするのも効果的ですね。ただ、どんな場合もそうですが、異性としての意識がなければ恋愛に結びつきにくいので、肩に触れたり別れ際に握手をするなど、スキンシップを増やすのも大切です」(同)

なるほど! まずは、合コンに職場に出会いを求めてがんばってみます!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト