すぐに変えなきゃいけないけど…

読み取られにくいパスワードその作り方と忘れない方法は?

2007.11.08 THU

メール、ネットバンキング、SNS…、そのつど新しいパスワードを作るのって結構面倒。覚えるのだって大変だし、おまけにすぐに変更の要求がくるものも! サイバー大学准教授の園田道夫先生、この問題を解決する方法はありますか?

「まずは、パスワードを取り巻く脅威を知ることが大切です。ひとつは、解析される脅威。パスワード解析ツールを使うと、辞書に載っている単語を片っ端から試すなどして、導き出すことができるのです。また、キーボード入力を監視して記録するスパイウェアなどで、パスワードを盗み取られる脅威も忘れてはいけません」(同) 

怖っ! となると、パスワードを作るのって一筋縄ではいかなそう…。

「とにかく、辞書に載っている単語は使わない。そして、英字、数字、記号すべてを含んだ、複雑な文字列にすることが前提です。さらに、長いと好ましいですが、8文字くらいを目安にすれば、まず問題はないでしょう(イラスト参照※L25本誌では上に図が表示されています)。でも、そうして考えたパスワードも、盗み取られてしまっては台無し。そのためにも、1カ月ほどのスパンでパスワードを変更していくことをお薦めします」(同)

先生、おバカな私には、ますます覚えきれそうもありません(泣)。

「ならば、いっそのことメモしてしまいましょう。そこで重要なのは、パソコンとメモを分けて管理すること。このふたつが結びつかなければ、危険はないのですから」(同)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト