ブーツを履く季節、とくに悩ましい!

「むくみ」を解消しないままだと足はそのまま太くなる!!

2007.11.15 THU

普段は勇気の出ないミニ丈スカートも、ロングブーツと合わせると、違和感なくキュートに履きこなせちゃう。でも、同時に気になるのが足の「むくみ」。しかも、そのままにしておくと足が太くなるって小耳に挟んだんですが本当? そもそもむくみって何? 『セルライトがすっきり 美脚痩身術』など美脚の著書で知られる、ホリスティック栄養学修士ナターシャ・スタルヒンさんに聞いてみました。

「足のむくみは、運動不足や冷え、偏食により血液の流れが悪くなると起こるもの。本来、足から心臓に向かって送り返されるべき血液が停滞すると、リンパの流れが悪くなり、うまく排出されなかった老廃物や余計な水分、リンパ液がしみ出して、むくみになるのです」

それが太い足になってしまうの?

「そうなんです。リンパ液に含まれるタンパク質が細胞間で固まり、これにコラーゲンが巻きつき、太い繊維となったものが、老廃物を含んだ水分や脂肪をがんじがらめにして閉じこめます。その結果、脂肪が放出されなくなり、太い縄のようなコラーゲンが、やわらかな脂肪を押さえつけて、デコボコのセルライトが出現。これはなかなか解消されないばかりか進行して、太足に拍車をかけるんです」

恐ろしい…。これを予防・解消するには、リンパマッサージや、足の筋肉を鍛える運動が効果的だそう。かっこよくブーツを履きこなすために、日々努力しなくちゃ!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト