忙しい年末はとかく胃のトラブルが多いとき…

胃の不調は2タイプあった!!胃薬の正しい選び方を教えて!

2007.11.29 THU

これから年末に向けては、仕事もイベントも目白押し。胃腸薬のお世話になる機会も増えますが…。正しい選び方、ご存じ?

「胃の不調は“胃酸が出すぎて胃が荒れているタイプ”と“胃の働きが弱って消化不良を起こしているタイプ”の大きく2つに分けられます。どちらの状態かで飲む胃腸薬も異なります」(『ガスター10』『新三共胃腸薬』などを発売する第一三共ヘルスケア)

では、どちらのタイプなのかをどうやって判断すればいいの?

「自分の症状を把握して、薬剤師さんに相談が基本。胃酸過多は、胃痛・胸やけ・むかつきなどが主症状。胃の働きが弱っているなら、胃もたれ・消化不良・食欲不振などが表れます」

また、区別がつかない市販薬の場合は、服用方法も判断の目安に。一般的に、胃酸過多のときに飲むタイプは、食前・食間(食事と食事の間)・頓服(症状に応じて服用)に、胃の働きが弱っているときに飲むタイプは食後服用のものが多いそう。

「お酒を飲む前には胃粘膜を保護する胃腸薬の服用を。飲み過ぎてしまったら、H2ブロッカーや胃粘膜修復剤、制酸剤配合の胃腸薬で症状を軽減し、調子が少し戻ってきたら健胃系胃腸薬で胃の働きを助けてあげましょう」

よーし、これでバッチリ♪

「もちろんアルコールは適量を心がけるようにしてくださいね」

で、ですよねぇ…(汗)。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト