私たちのころにはなかった…

小中学校の新しい授業「ソーシャルスキル」ってどんなもの?

2008.01.10 THU

私たちが子どものころにはなかった、「ソーシャルスキル(以下SS)」という授業を小中学校で教える動きが始まっていると新聞で発見。SST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)普及協会の事務局長、安西信雄さんにその理由を伺ったところ、コミュニケーション能力を身に付ける練習方法が開発されたからだとか。SSとは良好な人間関係を築くための社会生活技能のことで、意思疎通や状況判断能力が含まれる。WHOではこの能力を「ライフスキル」と呼んで、様々な教育プログラムに取り組んでいるそう。撮影前にリハーサルを行うように、社会という本番を迎える前にSSを磨くのが効果的。大人の我々も、ちゃんと身に付いているか考えてみては?


注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト