ブラシの専門店「ブラシの平野」に聞いてみた

上手な“ブラシ使い”をすれば洋服は見事に生き返る!!

2008.01.24 THU

先日、思い切って上質なカシミアのニットを購入しました。ショップの店員さんが「小まめにブラシをかけると毛玉もできず、長い間使えますよ」と、手入れ法を教えてくれましたが、正直面倒だし使い方もよく分からない。そこで、全国の百貨店の催事に出展しているブラシ専門店“ブラシの平野”の平野佳輝さんに、ブラシの役割について聞いてみました。

「洋服のブラシには、生地の目を整える、ほこりを取り除く、毛玉を防ぐ、毛玉を落ち着かせるなどの効果があります。生地の光沢を出したり、毛玉予防で長くきれいに使える役目があるんですよ」

洋服の生地によって、ブラシの選び方も異なるんですか?

「カシミアやニット製品には、生地を傷めないように、柔らかくキメが細かい馬毛のブラシを。ツイードやコーデュロイの生地には、スタンダードな豚毛のブラシを。さらに、毛皮や着物は馬毛ブラシ、スエードは専用のスエード用ブラシと、生地の種類によって適するブラシも違ってきます。ブラッシングのコツは、表面をこすらずに、払って使うこと。手首を回してからサッと払うようにブラッシングすることによって、繊維のからみがほぐされ、ほこりが取り除かれます。ブラシでお手入れをするだけで、生地を傷めず、洋服が見違えるほど生き返ります」

洋服のブラシに、そんな効果があるとは全くの盲点でした。これからは大好きなお洋服のために、せっせとブラッシングに励もうと思います♪

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト