唐辛子、ニンニク、春菊、寒天…etc.

カラダが温まって肌もスベスベに!?いろんな食べ物をお風呂に入れてみた!!

2008.02.07 THU

「立春」を過ぎたとはいえ、まだまだ寒いこの季節。私の冷えきった体を温めてくれるのは、もはやお風呂しかないっ ! そこでふと思いました、「ゆず風呂」があるなら、野菜やら乾物を入れた変わり湯があってもいいのでは? 冷え性や保湿に効果があるかもしれないし。

そこで早速、近所のスーパーマーケットへ。連夜、同居人にイヤな顔をされながら、にんにく、春菊、昆布…など日替わりで変わり湯を試してみた。その結果、うれしい効果が表れた食材もあれば、正直よくわからんものも(以下、表参照※L25本誌では下に表が表示されています)。

そんな時はプロに聞くしかない! そこで合資会社ソフトウォーター代表で水質研究家の上関久美子さんに、どんな食材が効果的か、尋ねてみた。

「私自身は、砂糖、脱脂粉乳、コラーゲンパウダー、豆乳、リンゴなどをお湯に入れて試したことがあります。これらは刺激性が少なく、保湿効果があるので、意外にオススメなんですよ」

お風呂に砂糖!? 同じ甘い物ならハチミツの方が肌によさそうだけど?

「いいえ、実はハチミツは、人によってはトラブルが起こることも。同様に、野菜や果物など天然の素材だからといって、『食べられる=安全』とは限りません。お湯に溶け出す成分・濃度がハッキリしないので、お楽しみ程度ならよいですが、過剰な効果を期待するのもどうかと…。とにかく、肌が弱い人やアレルギー体質の方は、くれぐれもご注意を」(同)

アララ…天然だからっていいワケではないのね。今回はトラブルもなく平気でしたが、よい子(?)のみなさんは、あまり冒険しませんように…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト