スポーツ選手、マナー講師に聞いた

職場での女同士の人間関係を円滑にするコツ

2008.02.14 THU

女性が多い職場での人間関係に苦労した経験がある人って多いのでは? そこで、女性のみの環境で、チームワークが求められる女子バレー界を直撃! 元全日本代表選手の益子直美さん、女同士の付き合い方のコツを教えて下さい!

「バレーは、レギュラー落ちしたり得点を決めたりと、結果がはっきり出る世界なので嫉妬心が生まれやすいんです。だから『彼女はレシーブのプロ』『この人はブロックのプロ』と認めるようにしていました。そして、得意なことはみんなに教え、苦手な部分は素直に頼ることで信頼関係を築いていましたね」

まずは能力を認めて、お互いに頼れる関係性を築くのがポイントなのね。

続いて、『今どきのおつきあいマナーブック』などの著者で、母親同士の付き合いなど、女性の人間関係に詳しいマナー講師・近藤珠実さんにも伺いました。

「誰にでもつねに同じ態度で接することですね。女性は自分を基準に考えがちなので、相手の態度がいつもより冷たいと『何かあったの?』ではなく、『嫌われたかも』と誤解してしまう。誰か一人にあいさつをし忘れただけでも、不快感を与えることがありますよ。相手の話を真剣に聞いたり、些細なことにも気づいて『大変だったね』と思いやりの言葉をかけると『理解してくれてる』と、安心感や好感を持ってくれますよ」

自分中心の考え方は、いい関係の大敵。つねに気づかいができる“オトナの女”を目指します!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト