健康と美容のためにはどっちがいい?

着ける派? 着けない派?寝るときのブラ事情を大調査!

2008.02.28 THU

近ごろ、「夜用ブラ」などリラックス系のブラが続々登場しているよう。でも、そもそも寝るときってブラジャー着けてます…? L25読者へアンケートを行ったところ、どうやら着けない派が圧倒的多数(図参照※L25本誌では下に図が表示されています)。実際どっちがいいの?

「人間の自然の状態を考えれば、着けない方が健康的。もちろん、着けても大きな病気につながる心配はないですが、下着による締めつけはリンパの流れを圧迫するので、血行不良やむくみ、脂肪が溜まりやすくなる原因になります。下着をとった時に体に跡が残ってしまうようなら、ちょっと圧迫のしすぎですね」(広田内科クリニック・廣田彰男先生)

確かに窮屈なのはイヤ。でも、ブラなしで寝ると胸が垂れそうな心配も…。

「ブラジャーはもともと直立時に胸を高い位置にキープし、下垂するのを防ぐためのもの。乳房を支えるクーパー靭帯が、激しい動きによって切れたりのびたりしないようにするためのものなんですよ。なので、本来就寝時には着けないのが基本。胸が垂れるといった心配もいりません」(ブラジャー研究家・青山まりさん)

クーパー靭帯は再生不能で、一度胸が下垂すると二度と戻らないそう。それにしても、ブラなしで寝てOKとは意外!

「ブラジャーを着けたまま寝ると、寝返りの時にワイヤーがずれてくい込んだり、擦れて赤く腫れたりしてしまうんです。ただ、心理的要因で『着けないと落ち着かない』という人もいるので、その場合には、ノンワイヤーで吸湿性があり、胸を圧迫せず快適に着けられるものを選ぶといいでしょう」(同・青山さん)

はい、了解です!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト