本当の笑顔を取り戻せない…

働く女性は要注意!“スマイル仮面症候群”とは?

2008.03.06 THU

先日新聞を見ていたら、“スマイル仮面症候群”なるものの記事が。「感情のままに表情を変えずに、周りを気づかって作り笑顔でい続けるあまりに、怒っているときも悲しいときもずっと笑顔で、笑顔が貼りついているような状態」をいうらしい。なぜそんなことに!? 『スマイル仮面症候群』(NHK出版)の著者で精神科医の夏目誠さん、教えてください!

「社会で働いていると、人は誰でもその役割の仮面をつけているもの。リーダーならリーダーの、課長なら課長の仮面をつけて、その役割を演じている。同じように働く女性の中には“会社で明るくしていなければ”“笑顔でいなければ”と思うあまり、作り笑顔の仮面をつけ続けている人がいるのです。“かわいいと思われたい”“いい子でいたい”と人の目や評価を気にする女性に多いんです」

これを続けていると、心身に異常をきたすこともあるとか。

「役割の仮面のように、職場を離れたら解放されればいいのですが、職場を離れて家族や友人といるときも切り替えができずに、作り笑顔を続けてしまうようだと問題。だんだん本当の自分を見失い、ストレス病といえる状態になることも」

対応策としては「悩みやストレスを人に話すこと。できなければ、自分の本当の気持ちを書き出してみても」とのこと。

確かに、「とりあえず笑顔でいいか」って思っちゃうことってあるかも。うっかり笑顔が貼りついていると感じたときは、気をつけよう…。

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト