書籍『Sanrio Days』も発売に

思わず胸きゅん な懐かしのサンリオキャラの魅力を再発見

2008.04.03 THU

女の子なら誰もが夢中になって集めた、サンリオのキャラクターグッズ。筆箱や鉛筆、授業中に回したメモ帳などステーショナリー類、修学旅行に持っていくトラベルグッズなど…おこづかいを貯めては胸をときめかせ、ショップに足を運んだものでした。そんな甘く懐かしい思い出に浸れる、70~80年代のサンリオキャラと、その当時のグッズが一冊にまとめられた『Sanrio Days』が発売。そこで、著者の竹村真奈さんと、L25世代懐かしのサンリオキャラをプレイバック!

「キティにマイメロ、キキララなど“これぞサンリオ!”というキャラは、すべて70年代に登場。時代に合わせてキャラのタッチが変化しつつも、今でもL25世代の女性に人気です。70年代に比べ、80年代はメインキャラやその仲間のプロフィールが充実して、ストーリー性があってポップな雰囲気。それ以降は、キャラのデザインが立体的になっていくのが特徴的ですね」(竹村さん)

大人っぽい印象のボードビル デュオ、乙女ちっくなマロン クリーム、カラフルでポップなけろっぴにたあ坊。今見てもあの頃のように胸がときめくのはナゼ!?

「女の子の“かわいい”の基準ってサンリオがスタートだと思うんです。あの当時にかわいいものやキレイなものを見て、『キュン』 となる感覚を植えつけられて、そのまま大人になった。だから今でも、淡いピンク色やキラキラしたもの、ハートや星のモチーフなどにときめいてしまうんでしょうね」(同)

激しく同感!! サンリオが世代を超えて愛され続けている理由は、そこにあるのかも。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト