顔立ちや姿形もそれぞれ違う!

美しいお顔に心癒やされる仏像鑑賞のポイントは?

2008.04.10 THU

最近は、L25世代でも“和”の文化に注目する人が増えてきて、季節ごとに様々な女性誌で京都特集が組まれたりしています。京都でお寺を巡ってお庭の美しさには癒やされるけど、仏像はどこに注目して見たらいいのでしょう?

「最初に文化的価値のある仏像や、造詣が美しいものを見た方がいいです。奈良・興福寺の阿修羅像のお顔の美しさは有名。東京近辺なら、鎌倉・東慶寺の水月観音半跏像がとっても美しいですよ」

と話すのは、コラムやトークショーなどで仏像の魅力を伝える仏像ガールさん。鑑賞の際のポイントはあるの?

「何も考えず、ただ仏様と自分がいる空間を感じればいいんです。そうすると、仏様のお顔に自分の気持ちが映ることもありますよ。クヨクヨしているときには怒ったような顔に見えたり、メソメソしているときには慰めてくれるように見えたりする。それで初めて自分の気持ちに気がついた、という人もいますね」

仏像のお顔に、自分の気持ちが反映されるということですね。“ただ見るだけでいい”とはいえ、背景や歴史に詳しくないと、なんとなく気が引けるような…。

「それは、自分が好きだと思える仏像に出会ってから勉強すればいいんです。仏様も人間と同じようにみんな違うお顔なので、好きなタイプを探してみては?」

なるほど、好きなら自然に詳しくなりますよね。私もお気に入りの仏像に出会うため、こんどの休みはお寺巡りに出かけてみよ~っと!!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト