吉本興業・東京本部も元小学校に移転

少子化により増えた廃校どのように再利用されているの?

2008.05.22 THU

4月1日、あの吉本興業の東京本部が新宿区に移転。新社屋はなんと1995年に廃校になった旧四谷第5小学校で、吉本興業が借り受けたのだそう。「会議室は学校にちなんで1組、2組…と呼び、黒板も残してあります。当時の椅子も喫煙所で使っていますよ」とよしもとクリエイティブ・エージェンシー広報センターの粟村香織さん。さすがユニークな使い方をされています。この廃校について、文部科学省の中島 亨さんは「少子化などで廃校発生数は近年増加傾向にあります。公民館、資料館、スポーツセンターなどの公共用施設に再利用される場合が多いですね」。これら公共用施設は一般の人でも利用可能。機会があれば立ち寄ってみては。


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト