パーマや脱毛はNGって聞くけど…

生理前と生理中にやってはいけないことって?

2008.05.29 THU

そろそろムダ毛が気になる季節。市販の脱毛剤の説明書には、「生理前や生理中の使用はお避けください」の文字が。そろそろ生理前かも…。でも、なぜ生理を避ける必要があるの? 婦人科と皮膚科を併設している、らら女性総合クリニック院長の松村圭子先生に伺いました。

「生理前や生理中は、肌のバリア機能を高めるエストロゲンの分泌が低下します。肌が敏感になっているため、薬剤の刺激を受けやすいのです。また、生理中は出血のために軽い貧血状態でもあります。そのため血行が悪くなり、栄養がすみずみまで行き渡らず、肌が乾燥しやすくなります。脱毛剤だけでなく、肌への刺激となるパックや、新しい化粧品に変えることも避けた方がいいですね」

ちなみに、生理前っていつを指すの?

「胎児を育てるために必要なプロゲステロンが分泌される黄体期の中でも、分泌量がピークを迎える生理予定日の1週間前からを一般的に“生理前”と定義しています。ただし、人によって生理周期の長さが違うように、2週間前から “生理前”の人もいれば、3日前からの人も。胸のハリや、イラつきなどの体調の変化で“生理前”を判断できますが、あくまで目安。確実ではありません」(同)

基礎体温を測り、自分の生理リズムをきちんと把握することが大切とのこと。

「生理周期は生理―卵胞期―排卵―黄体期の4つの時期を繰り返し、時期によって心や体調が大きく変化します」(同)

“生理前”に当たる黄体期と生理中は、心身ともに不安定な時期。脱毛剤に限らず、肌にも心にも刺激を与えるのは避けた方がいいみたい。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト