2012年までに白熱電球が製造・販売中止

白熱電球と電球形蛍光灯にはどんな違いがあるの?

2008.05.29 THU

日本に登場して約120年、白熱電球が姿を消すという。環境情報誌『月刊 環境ビジネス』編集部の木本さんによれば、「CO2削減のため、経産省が2012年までに白熱電球の製造・販売中止を発表しました」とのこと。これを受けて真っ先に生産中止を決めたのは、日本で最初に白熱電球を実用化した東芝ライテック。「当社は白熱電球だけでなく、1980年に世界初の電球形蛍光灯(ボール形)を実用化しました。白熱電球より寿命が長く、電力消費の少ない電球形蛍光灯。一方で寒さに弱く、点灯に時間がかかるという欠点がありましたが、技術の進歩により解消されつつあります」(商品部・西村公一さん)。地球と財布に優しい灯りに注目してみては?


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト