結婚祝い、出産祝い、新居祝いって何をあげるか迷うけど…

お祝いごとのときに渡したい相手に喜ばれる“王道ギフト”って?

2008.06.19 THU

結婚・出産・新居などのお祝い品選びって難しいですよね。どうせなら相手に喜んでもらいたいし…。そこで、現代礼法研究所主宰の岩下宣子さんに喜ばれる贈りものについて聞いてみました!

「結婚祝いは相手がこれから必要になるもの。日常的に使え、長持ちする良質なものが喜ばれます。特に新婚夫婦が予算を削りがちな台所用品は人気がありますよ。出産祝いは生後すぐに使うものはそろえてある場合が多いので、生後半年~1年ぐらいで使えるものがオススメ。ただ、不測の事態も起こりうるので、必ず赤ちゃんの体調が安定するお七夜を過ぎてから贈るように。また、出産祝いは赤ちゃん用品を贈る人が多いので、ねぎらいの意味を込めて赤ちゃんの誕生石のついたアクセサリーなどをお母さんに贈るのも素敵ですね。新居祝いの王道はインテリア小物や風水的にも良いとされる観葉植物。家具を贈りたい場合には、相手に確認するようにしましょう」

贈るときに気をつけたいことは…?

「お祝いをする時に一番大切なのは相手を祝福する“気持ち”。何より心を添えることが大切なので、品物だけを贈るのではなく、必ず手紙などで言葉を添えるようにしましょう。また、相手の迷惑になってしまったり、他の人との重複を避けるため、『○か△を贈りたいのですが、どちらがいいですか?』など、事前に希望を聞くのもひとつの方法です」(同)

なお、結婚祝いは式の1週間前まで、新居祝いは引っ越しをしてから1カ月以内に贈るのが基本。遅れてしまった場合は手紙でお詫びの言葉を添えればOKとのことです!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト