悪玉菌が増えると便秘や肌荒れにもつながる…

“善玉菌”と“悪玉菌”ってよく聞くけどそれぞれの役割って?

2008.07.03 THU

腸の調子を整えるには善玉菌を増やそう…なんてよく聞きますが、そもそも“善玉菌”“悪玉菌”って? 「腸の中には約100種類、100兆個の腸内細菌がすみ着いており、腸のぜん動運動を活発にし、免疫力を高める『善玉菌』、腸の内容物を腐敗させ、アンモニアなどの有害物質を作り出す『悪玉菌』、状況によって善玉・悪玉のどちらにもなる『日和見菌』に分かれています」と教えてくれたのは松生クリニックの松生恒夫院長。そのため、悪玉菌が増えると便秘や下痢など腸のトラブルだけでなく、肌荒れや体臭、免疫機能の低下など様々な体の不調につながることに。悪玉菌は、食生活のほか、ストレスなどでも増えるそうなので、要注意です!


関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト